保育士は未経験からでも目指せる!転職に強くなるコツ

kyuujinn info

未経験でも保育園へ転職出来る?保育士の目指し方

保育士は未経験からでも目指せる!転職に強くなるコツ

ウーマン

保育の学校を目指す

保育士として働こうと思ったら、国家資格である保育士の資格が必要になります。それは、保育士を目指すために必要な教育を学ぶ大学や専門学校などでカリキュラムをクリアしていけば、卒業の際に資格取得が可能となります。そのため、学生時に保育士を目指したのであれば、保育の学校を受験するなどしていくことから始まるでしょう。保育士育成の学校では、福祉に関わる授業を行なったり、ピアノの授業を受けたりします。他には、実際の保育園で必要不可欠となる洋服の着せ替え方法やお風呂の入れ方などの実習が行われます。そういった専門知識を学んでいくので、授業の間にだんだんと保育士へになる実感が湧いてくるのでしょう。保育の学校を卒業して、保育園に就職したのならば、実際に相手にするのは生身の赤ちゃんや子供たちなので、しっかり学んでいきたいものですね。

社会人からでも目指せる

社会人になって、保育士へ転職することは可能です。ただし、保育士資格が必要になるので、国家試験を受けなければなりません。保育士試験には筆記試験と実技試験があるため、その試験の難易度は高いと言えるでしょう。そのため、働きながらでも通信講座や勉強をする必要があります。筆記試験は8科目と非常に多い科目を合格ラインを目指さなければならないので、試験勉強も必死で行うよにしましょう。気になる合格率は約10%と難関です。筆記試験だけでなく、実技試験も含まれるので柔軟に対応出来るように知識を得ておきましょう。

体験してみる

保育士の資格を目指す上で、まずは体験をしてみたいという方は、保育士資格がなくても働ける施設などでアルバイトしてみるのも良いでしょう。託児所や保育園のお手伝いであれば、資格がなくても体験のようなスタイルで働くことは可能です。実際に子供と触れ合う中でわかることもあると思うので、体験してみることはとても重要な学ぶ時間となるでしょう。体験や転職をする場合でも、求人サイトを上手に利用して自分にあった職場先を見つることが大切ですね。

給料について

保育士の給料はどれくらいのものなのか、気になる点ですよね。私立保育園でない場合、正社員の保育士は地方公務員と同じくらいの給与だと頭に入れていくと良いでしょう。しかし、私立保育園と公立ではそれほどまでに給与の差はないと言われています。そのため、初任給は約16万円を目安にしておくと良いでしょう。初任給の金額を聞くと、少し低いように感じてしまうかもしれません。しかし、勤務年数に応じて給料アップは期待出来るので、継続していくことが大事です。また、保育士などに転職をする場合でも、福利厚生等がしっかり完備されたところを選びましょう。

広告募集中